BDcafe(ベーデーカフェ)

RECOMMEND | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.08.03 Monday ... - / -
#太陽高速 バル
JUGEMテーマ:Bande Dessinee


太陽高速
『太陽高速』(原題:AUTOROUTE DU SOLEIL)バル(BARU)翻訳:長谷川たかこ 1995年発光 講談社 モーニングKCDX

今回紹介するバルの『太陽高速』は、日本語で読めるBD(バンドデシネ)。
もともとは講談社のモーニングが海外の漫画、BD(バンドデシネ)を紹介する事に力をいれていた頃に連載、出版された、日本向けに書き下ろしされた作品です。
今でもヤフオクなどで時々出品されていて入手可能なので、日本語でBDを読みたいという方はぜひ探してみて下さい。

BARU;Barulea, Hervé は1947年生まれのフランス人。
もともとは心理学を教え、やがて30を過ぎてから、BD作家としてのキャリアをスタートさせた作家である。
発想の原点は、青年期の60年代にフランス各地を旅した経験である。
そこには独特の乾いたユーモアがある。
今回紹介する『太陽高速』は漫画スタイルのBDとして、フランスでも高く評価され、l'Alph-Art du Meilleur Album Original en Langue Française'(アルプーアート フランス語オリジナル最優秀アルバム賞)を1995年に受賞し、これによってバルの知名度が高まった。

ストーリーは、70年代、フランスでは製鉄所の経営が傾き、今日も一機破壊され閉鎖される事となった。
製鉄所の労働者達のほとんどは移民達で、このため外国人排斥運動を推進するフランス国民党のかっこうの餌食となり、地方ではあちこちで暴動が起き、アラブ人や皮膚の色の違う人種が暴行を受けていた。
主人公のカリム・ケマルはアラブ人の色男で、金持ちのマダムの相手をしては町でぶいぶい言わせている、50年代スタイル(ロカビリー?)をこよなく愛する、車馬鹿でもある。
相棒となる、アレクサンドル・バルビエはイタリア移民の子供で、鼻がでかく眼鏡をかけた、まぁ醜男。本人もそれがコンプレックスで、実は巨乳好きなのだが、いまだに軟派ひとつ出来ず、カリムに憧れている。
そんな二人が、最新式の町で一番大きな溶鉱炉が破壊された日に出会い、カリムがその日お相手したマダムが、外国人排斥運動を推奨するラウル・フォリシエという町の実力者の医者。
そのため、二人はフォリシエの狂気じみた人生をかけた執拗な追跡を受ける事となる。

メインは二人の逃亡劇なのだが、フォリシエがだんだん妻をアラブ人に寝取られたというダメージから精神が崩壊してゆき、ついには彼らを追いつめ苦しめる事が目的となり、幾度か二人を追いつめるたびに「今は殺さない。だが、いつか自分は殺されると怯えながら、その日まで生き続けろ」と逃してしまう。
そのあたりの追うものと追われるものの心理描写がかなり丁寧に描かれている。

もちろんユーモアもあり、最初の逃亡の時に、浮気をしていて車を盗まれてしまうルネ・ロワゾウとのエピソードは、後半への伏線でもあり、かなりいい味をだしている。
ルネとカリムとの関係も、車馬鹿という共通の趣味から、いつしか年の離れた友人のような関係へと発展するのだが…

一般的に、BDは読みづらい、感情移入がし辛いと言われていますが、これは展開の上手さと70年代のヌーヴェルバーグのような荒っぽさがあり、読み始めると一気にぐいぐいと先を読みたくなる面白さがあります。
登場人物、特にフェリシエが狂気に走って行く過程も面白いのですが、同時に、当時から今もまだ続く、外国人排斥を訴える過激な政党やセクトの存在。
そういう部分は、今読んでもまったく古さを感じず、私たちがフランスに大して漠然とイメージしている、移民を受け入れる国というイメージが、いかに表面的だったかという事を考えさせられます。

おまけとして、翻訳をなさっている長谷川たかこさんの主催しているブログFrench-codeがこちらです。
漫画家の長谷川町子さんの姪っ子さんなんですね。
2008.09.18 Thursday ... comments(0) / -
#スポンサーサイト
2009.08.03 Monday ... - / -
#Comment








<< NEW | TOP | OLD>>